Free Yourself 〜みんな地球ゲームをプレイしているだけ〜

Free YourselfのヒーラーTokikoの宇宙通信ブログ。スピリチュアル相談やヒーリング、フラワーエッセンスや波動アイテムの販売をしております。自分のハートの感覚を信じて自由に生きよう。一人一人が創造主であり地球ゲームの主人公です。死んだら地球ゲーム終了です。自立した女神となり、自分で自分の望みを叶え続け、自分で自分を喜ばせて、幸せ炸裂人生を進もう。誰もが生まれながらに特別であり天才です。全員、地球に必要な人材です。宇宙一大切にしないといけない存在は自分です。

呪い「ちゃんとしなきゃ」

自己受容ができない人(自己受容と自己肯定は別物)、

リラックスするのが苦手な人、

思考が強い人、

感じることが苦手な人、

感情を我慢して抑圧する人は、

呪い「ちゃんとしなきゃ」にかかってる可能性が高いです。

 

呪いをかけてきたのは、

親、先生、どこぞかの大人ですけど、

呪いを受け入れてしまったのは、

自分です。

呪いにかかることにOKしたのは自分なので、

呪いを解除することにOKできるのも自分です。

 

「本当のそのままの自分(自然)」でいることよりも、

「ちゃんとした自分(不自然)」でいることを、

無意識に選び続けています。

だから、

本当の自分でいちゃいけないという意識が強くなるし、

本当の自分で生きることを諦めてしまっていたり、

いつもいつも自分を見張っています。

見守るのではなく、

見張ってしまっているのです。

看守の自分が、自分を監視しているのです。

だから、いつも疲れてしまうのです。

この呪いの縛りがキツくなっていった先には、

鬱が待っています。

 

呪い「ちゃんとしなきゃ」にかかっている人は、

寝る時も、

「ちゃんと(正しく)寝ないと」って思考が働きっぱなしなので、

寝れなかったり、

不眠症だったり、

寝ている時でさえ、

緊張しています。

これは、

リラックスして安心している状態が当たり前という、

自分の中での比較対象がないと、

自分は緊張していた、

自分で自分を無理やり正そうとしていたって、

気づけないものです。

 

この呪い「ちゃんとしなきゃ」を解除するには、

「私はちゃんとしなくていい。ちゃんとしていない私も大好きだ」、

と自分自身に決意表明して、

現実にたくさんある、

よく考えてみたら、

ちゃんとしなくていい事の中から、

堕落チャレンジできそうな事を選んで、

「ちゃんとしない」ことを、

行動に起こすことです。

ちゃんとしない自分でいても、

愛されているし、

世界は崩壊しないし、

大丈夫だってことを、

自分で自分にわからせる必要があります。

(深掘りしていくと、世界崩壊レベルの恐怖を抱いている人もいます。

その恐怖を最初に作ったのが小さな子どもの時だったりするので、しょーがない。)

 

この呪いが解かれると、

「ちゃんとしていない」自分を、

自分だと初めて認めることができて、

自己内統合できるので、

リラックスできるし、

睡眠の質もよくなるし、

逐一しゃしゃり出てくる思考も落ち着いてきますし、

「ちゃんとしていない」人たちに目くじら立てることも減ります。

自分もHappy、周りもHappy、

全てがHappyにしかなりません。

さらに自分で自分を自由にさせてあげることができます。

 

「呪い」を宇宙に返すことで、

宇宙から「祝い」が返ってきます。

地球と宇宙は真逆な関係でもあります。

地球ゲームで起こること全て、

宇宙と繋がる大きな自分から、

今を生きる人間の自分への愛であり、

祝福です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sheezus.hatenablog.com

 

 

LINEからも、スピ相談ヒーリングや波動アイテム注文の申し込み承ります。

LINE限定の宇宙通信&高次チャネリングメッセージも配信しています。

友達追加はお気軽にどうぞ〜☺️

(LINE ID: @090mbakl)

 

free-yourself-1.jimdosite.com

 

Free Yourself Web Shop

Tokikoのお気に入りスピリチュアルアイテム・セレクトショップ

*ゆうちょ銀行口座振込での支払い希望の方は、

LINEHPメールフォームから直接注文してください。

(1) 商品名・個数

(2)Free Yourselfのご利用が初めての方は、

発送先をお知らせください。

・郵便番号

・ご住所

・氏名

・電話番号

freeyourself-tokiko.stores.jp

 

sheezus.hatenablog.com